ファンクラブみたいに同じような収入の仕組みとしてYouTube自体チャンネルメンバーシップという機能がありますが。これは視聴者が月額490円払って特典チャンネルのメンバーになれるものです。有名なところではフィッシャーズさんなどが利用しています。そして、チャンネルメンバーシップ登録した視聴者はそのチャンネル独自の特典提供されます。この辺はファンクラブと一緒です。ファンクラブと違うのは単にYouTube内のシステムで課金するかどうかです。YouTubeのチャンネルメンバーシップ昨日利用したら、YouTube、で普段利用する方法で決済できグーグル関連サービスに課金したことあるユ-ザーは決済手間が少ないです。ですが、一定以上の条件クリアしたチャンネルしかチャンネルメンバーシップ機能を利用できなくて、トップユーチューバー以外収入源なりえないといえます。そして、ファンクラブ、チャンネルメンバーシップで収入得る方法と似てるのですが、最近ニューチューブから紗オンラインサロンへ集客してるユーチューバーが増えています。そして、有名なところだとホリエモンアドがいます。オンラインサロンは主催者から何か学びたいといった目的で集めるケースがほとんどです。YouTube通じしったファンをイベント、オフ会で集客し収入える方法がメジャーな収入源で、音楽系活動してる人が自分のライブへの集客にYouTube活かしてるケースが多いです。バンド、アーティストならYouTube動画の中で自分の音楽発信していき一定のファンが付きます。その方に対して生で音楽聞けるライブ告知してメリバチケット売れていきます。そして、YouTubeで再生回数集められれば、そのほう保をもとに収入得られるようになります。プロ野球で結果出した選手が野球監督したりするような感じです。チャンネル登録者数10万人のYouTubeチャンネル運営してる方がいれば、直接その方からゼロからYouTubeチャンネル立ち上げチャンネル登録者数10巻人まで増やす方法学べるとします。YouTubeで成功したいといった人からすると登録者数10万人の人から学べるのは貴重であり、コンサルフィーなど受け取ってノウハウ教えたりするビジネスが生まれるのです。YouTubeでアクセス集めるノウハウ習得して企業向けにYouTube活用のためコンサルをしてる方も多いです。ぜひ活用してください。