トップバズで稼ぐ方法

トップバズを一言で言い表すなら『AIを応用したフリー動画Webページ』です。iPhoneでツールでもありますし、PCからもログインでき活用できるになっています。YouTubeのように動画投稿をするクリエイターがいて(YouTuberみたいな印象)稼ぐ層の位をトップバザー(TopBuzzer)とも言ったりします。トップバズに定期的投稿される動画は、普通に1分程度の短い動画が多くささやかな空き時に視聴するって使用者が多々あるです。『自ら自分の嗜好』は貴方の視聴履歴からこの動画がバッチリというものをAIが自動でリサーチして助言してくれます。(THE 今どきですよね(笑))『癒し』『スポーツ』『面白』『ゲーム』『裏技』『グルメ』『クルマ』はそのまんまで『フォロー中』は貴方がフォローしたチャンネルの動画を中心に視聴する事ができるです。『TopBuzzer』は、各カテゴリーで自分の専門チャンネルを持ったクリエイターに送られる称号で、その称号を持ったチャンネルの動画を見る事ができます。

YouTubeとの大きな相違は、利益化についてだと考えます。以前はとどのつまり動画投稿のオンライン産業と言うとYouTubeと心象するようにYouTube一択でした。ただし、2018年2月の大きな規約調整『総復活時4000時と登録者1000人』によってすぐさまYouTuberが減りました。参入してみるものの上述の規約を達成しなければ、広告収入が得られくなってしまったためです。そこそこ、アカウントがランクアップしていれば安心だったかもしれませんが全くの未経験者からの参入は理不尽に等しいとの声も良く聞きました。そのような動画産業不況のポイントに皆から注意されたのがトップバズです。YouTubeでの目下の一リユースあたりの単価は、0.02円と言われています。

その一方でトップバズのケースは、0.035円がデフォルトです。デフォルトでも高いうえに他にもチャンネルの専門性が認められれば、数日で0.2円単価にしてもらえるんです。YouTubeの10倍もの単価になるので、うまく動画がバズれば一般的に稼いでいると言われているYouTuberは、普通には動画は総て自らたちでクリエイトするパーフェクトな独自動画です。一方でトップバズは、TwitterやInstagramなどのSNSやYouTubeからの動画を転載して動画を投稿しています。言うまでもなく、すべてのクリエイターがそうという訳ではないのですが私が見てる中で9割が転載かなと考えます。一本で日給3000円以上も全然できるになってきます。

 

SNSでもご購読できます。