動画サイトとして最も多くの人が利用しているYouTubeは、 動画投稿を行うことで、ネットビジネスとしても活用できます。 アドセンス広告による収益化、動画内での商材販売、アフィリエイトなど、視聴者が多ければそれだけ利益を大きくすることが可能です。 最近では、トップバズのような新たな動画サイトも注目されています。 動画投稿には編集スキルが必要であり、文字を利用したブログやメルマガに比べて、取り組みにくい印象を持つ人もいます。 しかし、動画投稿自体は特に難しい作業というわけではなく、誰でも実践可能です。 但し、視聴者を惹きつける内容や上手な編集など、再生回数を稼ぐためには様々な工夫が必要です。 内容の面白さはもちろんのこと、タイトルやサムネイル画像を興味引くものにしてクリック数を増やし、定期的な動画配信によってチャンネル登録者数を増やしていきます。 継続して動画を投稿すれば、多くの動画がストックされるため、全体の再生回数は大きくなります。 再生回数が多くなれば広告収入のアップにつながるため、面白い動画やためになる動画を数多く投稿することがYouTubeを使ったビジネス成功のポイントになります。 現在ではYouTubeを利用したビジネスは盛んに行われており、ライバルが多い世界でもあります。 巨大な再生回数を稼ぐトップクラスのユーチューバーもいれば、ほとんど再生されない動画もあります。 自分の動画を目立たせる工夫が必要であり、SNSに動画のリンクを貼るなど、動画に人を呼び込む他のツールとの連携も重要です。 動画のチャンネル登録者数が多くなれば、その動画を閲覧する人が安定した数になるため、常にチャンネル登録を促す言葉や文章を動画内に入れることも大切です。 広告で多くの収入を得るためには、かなりの動画再生数が必要ですが、一方でそれほど多くない動画再生数であっても、ビジネスにつなげている人もいます。 動画内で自分が作った商材やサービスの販売、アフィリエイトを行うことです。 動画の場合は視聴者に与える映像インパクトが強く、気軽に見やすいという利点もあります。 そのため、視聴者との信頼関係が深まれば、動画を通じて様々な販売を行うことも可能です。 また、動画を利用して、自分が主催するコンサルや月額制の会員を集めるビジネスを展開する人もいます。 一般公開の動画と、会員向け動画を分けることで差別化を図り、動画を上手にビジネスにつなげることもできます。 YouTubeでは、再生時間やチャンネル登録者数などの一定の基準を満たした人が、広告収入が発生する仕組みになっています。 そのため、広告掲載による収益を目指す場合は、一定期間はその基準に達するまで収益に関係なく動画を投稿する必要があります。