Youtubeの再生数アップ!さらにネットビジネスでの活用の仕方!

Youtubeなどの動画プラットフォームは現在大きな発展と可能性に満ちあふれています。

2020年からは5Gも整備されてきており、Youtubeを含めたたくさんの動画コンテンツの需要が増えてきています。
Youtubeについて、動画の再生数の伸ばし方やネットビジネスの事例などを紹介していきます。

1.活用法
会社でも個人でも、Youtubeを活用してコンテンツを紹介する人が増えています。
現代では、スマホ撮影や無料の動画編集ソフトなどもあり、参入のハードルは低くなっています。
5Gが身近となったことや、スマホから簡単に手元で動画を楽しめるので、
会社、自身のコンテンツの届け方や伝え方がよりやりやすくなったと言えます。
誰かにコンテンツを知ってもらいたいという場合にYoutubeは大きな味方となってくれるツールです。

2.動画の伸ばし方
Youtubeへの参入のハードルが下がったということは、同時にライバルが増えて、
再生数が伸びない動画は埋もれていくということが起きてしまいます。
手軽にコンテンツの紹介ができるようになったとはいえ、動画の質も問われてきます。
再生数が伸びていて、多くの人に見られる動画には特徴があります。

・最初の30秒間で、視聴者の心を掴み最後まで見てもらえる構成である。
・タイトル、内容が有益なものであり、高い評価をされている
・他のSNSとも連携していて、動画に人が集まる構図になっている
・視聴者の問題を解決するような内容である

順番に説明すると、Youtubeの視聴者は次々に動画を切り替えながら見る人が多いので、
動画の最初の方で離脱しやすいということが言えます。
そのため最初の30秒にどれだけ視聴者に残ってもらうかという工夫があります。

タイトルと内容が有益であると、Youtubeのシステムの評価が高くなり、検索された場合でも
上位表示されるようになります。
有益な情報をたくさんの人に届けるというシステムが働いているので、偽りなくきちんとした動画は評価されます。

Youtubeに動画をアップロードしただけ、ではなくツイッターやブログなどと連携していれば
より大きな拡散力でYoutubeに人が集まります。
Youtubeに人が集まり、コンテンツを紹介し、セールスへ繋がっていくという流れが生まれます。

動画だけのノウハウではないですが、見てくれる人がどうゆう目的で動画を見ているかを考えられていることも大切です。
肌の悩み、体の不調、〇〇に使う道具の種類。
これの答えを求めて動画を見ているので、答えを出すような動画を意識すると動画に人が集まりやすいです。

Youtubeは大きな市場ですので、動画を使ったビジネス大きな可能性があります。
みなさんも上手に活用して、ビジネスの発展に使っていただければと思います。

SNSでもご購読できます。